検索結果

更新日:2024.02.28

「インフルエンサーマーケティングで
こんなお悩みありませんか?」

  • インフルエンサーとの
    やり取りが煩雑
  • 効果分析の方法が
    分からない
  • 思ったよりも
    コストがかかる

おすすめのインフルエンサーマーケティング会社7選をご紹介します!

商品やサービスの宣伝をする方法として、テレビCMやネット広告などがあります。たくさんの宣伝方法があるなかでも、最近とくに注目されているのがインフルエンサーマーケティングです。

しかしインフルエンサーマーケティングを検討する際、マーケティング会社の数も多く、それぞれ得意とする宣伝方法やターゲットもさまざまなので、

・どのマーケティング会社に依頼すればいいの?
・どんなマーケティングで効果が出るの?
・なにを重視すればいいの?

といった疑問や課題が生まれるでしょう。そこで当サイトでは、インフルエンサーマーケティングを検討している方の疑問や課題解決に役立つ情報をまとめてご紹介しています。

所属するインフルエンサーやサービスなど、こだわりで選ぶおすすめのインフルエンサーマーケティング会社や、インフルエンサーマーケティングをするうえで知っておきたい情報のほか、WEBアンケートを実施して実際にインフルエンサーマーケティングを行った方の口コミや評判についてもまとめてご紹介します。当サイトの情報を参考に、効率的なインフルエンサーマーケティングを行いましょう。

インフルエンサーマーケティング会社
比較表

企業名企業の特徴公式サイト
creign(クレイン)creign
(クレイン)
業界トップクラスの安価
フォロワー単価 0.3円~
企画・生産から撮影・販売まで
ワンストップでのサポート!
公式サイトはこちら
toridori marketing(トリドリマーケティング)toridori marketing
(トリドリマーケティング)
上場企業が運営しているので安心
公式サイトはこちら
FindModel(ファインドモデル)FindModel
(ファインドモデル)
インフルエンサーの質が高い
公式サイトはこちら
CLOUD CASTHING(クラウドキャスティング)CLOUD CASTHING
(クラウドキャスティング)
サイト上ですべてが完結する
公式サイトはこちら
Astream(エーストリーム)Astream
(エーストリーム)
施策管理を半自動化できる
公式サイトはこちら
N-STAR(エヌスター)N-STAR
(エヌスター)
プロダクション事業を行っているからこそのキャスティング力
公式サイトはこちら
#GROVE(グローブ)#GROVE
(グローブ)
課題の解決を確実に見据えたインフルエンサーマーケティングを行える
公式サイトはこちら

アパレル業界におすすめのインフルエンサーマーケティング会社

業界最安値級の価格で利用できる

creign(クレイン)は、ファッションに特化したインフルエンサーマーケティング会社です。フォロワー単価0.3円~となっており、業界最安値級の価格設定が特徴的です。


インフルエンサーがメインとなって立ち上げられた事務所であることから、幅広いネットワークを持ち合わせており、アイテムやブランドごとに最適なインフルエンサーを直接キャスティングしています。


PRに留まらず企画・生産から撮影・販売までワンストップでのサポートも可能な、アパレル業界必見のインフルエンサーマーケティング会社です。

creign(クレイン)

おすすめのインフルエンサー
マーケティング会社7選!

creign(クレイン)

creign(クレイン)

おすすめポイント

ポイント1 料金がとても安い
ポイント2 一貫してさまざまなサービスに対応
ポイント3 リピート率90%

業界再安価級!発送業務やインフルエンサーとの連絡なども依頼可能!

creign(クレイン)はファッションや美容、ライフスタイルに特化している、インフルエンサーの所属事務所であり戦略トータルサポートを行うこともできる企業です。0.3円~という業界でもトップクラスに安いフォロワー単価なのを強みとしています。

PRに留まらず企画・生産から撮影・販売までワンストップでのサポートが可能です。

  • 名前:KEI
    総フォロワー数:120万人
  • 名前:kumika
    総フォロワー数:42万人
  • 名前:tai
    総フォロワー数:45万人
  • 名前:とっしー
    総フォロワー数:37万人
  • 名前:yuririn*
    総フォロワー数:24万人
  • 株式会社MONO-MART

    「株式会社MONO-MART」が展開する15ブランドにおいて、インフルエンサーマーケティングを実施

  • 「LANVIN en Blue」×「DOOPZ」

    「LANVIN en Bleu」とcreign所属インフルエンサー「とっしー」がディレクションする「DOOPZ」とのコラボレーションアイテム制作におけるディレクションを実施。

  • COACH

    ファッションブランド「COACH」のインフルエンサーマーケティングにおけるインフルエンサーキャスティングを実施。

  • MSG

    アパレルブランド「MSG」PRキャスティング実施。 ストリートカジュアル系インフルエンサーをメインに起用し、ユニセックスでの提案を行った。

  • 「KEI」×「WEGO」

    アパレルブランド「WEGO」と、creign提携インフルエンサー「KEI」のコラボアイテム制作におけるディレクションを実施。 打ち合わせの他、撮影素材の納品・投稿管理、WEGOオンラインストアの他、全国の店舗でも販売。

基本情報

公式Instagramの投稿

toridori marketing(トリドリマーケティング)

toridori marketing(トリドリマーケティング)

おすすめポイント

ポイント1 上場企業が運営
ポイント2 月額定額制
ポイント3 登録インフルエンサーが非常に多い

東証グロース上場企業!案件実施数43万件突破!登録インフルエンサー5.5万人以上!

toridori marketing(トリドリマーケティング)は東証グロース上場企業の株式会社トリドリが展開しているインフルエンサーPRのためのプラットフォームです。月額制になっていて、月5万円からインフルエンサーを採用してPRをしてもらえます。

運用サポート体制が整っていて、登録インフルエンサーは4万人以上です。

  • 名前:鴨志田和泉(izumi)
    インスタフォロワー数:6万人
  • 名前:しろくまななみん
    総フォロワー数:30万人
  • 株式会社なないろ

    インフルエンサーを採用することで、前月比売上を3倍にも増やした。

  • 株式会社スズキ

    Instagramの運用をサポートし、約4か月でフォロワー数1,000人以上を獲得。

  • 株式会社中谷本舗

    Instagram運用をサポートし、売上前年比130%、オンラインショップのセッション数141%という成果を生み出した。

  • うなぎいも協同組合

    新商品と店舗の認知拡大の為に始めたインフルエンサーマーケティングで前年比売上を140%を達成。

  • 株式会社rings「Cerdi」

    インフルエンサーマーケティングに取り組み、約4ヵ月後に月の売上を2倍に引き上げた。

基本情報

公式Instagramの投稿

FindModel(ファインドモデル)

FindModel(ファインドモデル)

おすすめポイント

ポイント1 初期費用・月額費用がかからない
ポイント2 いろいろなジャンルに対応できる
ポイント3 効率的なPDCAサイクルを構築可能

初期費用・月額費用0円!インフルエンサーの質が高く、さまざまなジャンルに対応!

FindModel(ファインドモデル)は初期費用や月額費用が0円で、フォロワー単価は1.5円~となっています。テレビ出演も多数の芸能人からコアなファンが多いマイクロインフルエンサーまで、さまざまなタイプのインフルエンサーをキャスティングしてもらうことが可能です。

インフルエンサーの質が高く、多様なジャンルに対応しています。

  • 名前:佐野真依子
    総フォロワー数:23万人
  • 名前:ayako
    総フォロワー数:16万人
  • 名前:野村日香理
    総フォロワー数:8万人
  • 名前:大沼類
    総フォロワー数:5万人
  • 大田区文化振興協会

    Instagram広告配信をサポートし、目標値の3倍以上のクリック率を実現した。

  • 藤沢市

    Instagramアカウント運用をサポートし、フォロワー2,200人増&フォロワーリーチ率70%を実現した。

  • PALLADIUM

    インフルエンサー㏚・ブランドコンテンツ広告をサポートし、リーチ率282%を達成した。

  • 桐蔭横浜大学

    Instagramの広告で広告配信を行い、クリック単価抑制と若年層ターゲットへのアプローチに成功した。

  • 横浜モアーズ

    ランドコンテンツ広告を活用したインフルエンサーマーケティングで、ショッピングセンター実店舗集客を実現した。

基本情報

公式Instagramの投稿

CLOUD CASTING(クラウドキャスティング)

CLOUD CASTING(クラウドキャスティング)

おすすめポイント

ポイント1 3万名以上のキャスト
ポイント2 サイト上で支払・契約が完了する
ポイント3 丁寧なスピード対応

年間成立オファー1万件以上!登録キャスト3万名超!サイト上で手続きが完結!

CLOUD CASTING(クラウドキャスティング)は、年間成立オファーが1万件を超えており、登録キャストの数も3万名以上と非常に多いです。利用している事業者も1万5,000社以上で、これまでに大手企業をはじめとする多岐にわたる企業のインフルエンサーキャスティングを行ってきた実績があります。

支払・契約はサイト上で完結します。

  • 名前:眞鍋かをり
  • 名前:伊藤健太郎
  • 名前:キャイ~ン(izumi)
  • 名前:わたげ
  • 名前:ひかりんちょ
  • 出張撮影サービス「fotowa」

    SNSでのPRに「平野ノラ」「島袋聖南」「桃」をキャスティング。

  • スマートフォン向け歩き旅アプリ『膝栗毛 | HIZAKURIGE』

    「QuizKnock(クイズノック)」をキャスティング。

  • レノボ・ジャパン合同会社

    ノートパソコン IdeaPad Duet 560 Chromebookを紹介するコラボ動画を「平成フラミンゴ」、「おうちごっこ」、「そば湯」へ依頼。

  • ローソン

    料理研究家「リュウジ」とコラボ企画を実施。

  • 東急ハンズ

    「さらば青春の光 森田」、「じゅんいちダビッドソン」をキャスティング。

基本情報

Astream(エーストリーム)

Astream(エーストリーム)

おすすめポイント

ポイント1 顧客満足度が非常に高い
ポイント2 高精度なインフルエンサー検索
ポイント3 業界No.1のフォロワーデータを持つ

無料の7日間トライアルが存在する!顧客満足度99%を達成!

Astream(エーストリーム)は高品質なフォロワーデータを持っていて、的確なインフルエンサーの選定が行えます。独自のAIによって、確実なターゲティングを実現してもらえるのです。

ステータスを可視化することもできるため、エクセルやメモなどに随時必要なことをメモするような手間も省けます。結果を自動でレポートにする機能も搭載されています。

 掲載情報がありません。
  • 株式会社ウィゴー

    インフルエンサーマーケティングを実施。

基本情報

N-STAR(エヌスター)

N-STAR(エヌスター)

おすすめポイント

ポイント1 プロダクション事業を行っている
ポイント2 プランニングにも強い
ポイント3 クリエイティブ制作も可能

プロダクション事業を展開しているのでキャスティング力が高い!プランニングも任せられる!

N-STAR(エヌスター)はプロダクション事業を展開していて、個性豊かなタレントやインフルエンサーがたくさん在籍しています。そういったタレント・インフルエンサーのマネジメント実績が豊富にあり、総合的なプロモーションやブランド・商品開発を手掛ける中で培われた独自の強力なネットワークを持っているのが強みです。

  • 名前:須田亜香里
    総フォロワー数:40万人
  • 名前:鈴木奈々
    総フォロワー数:31万人
  • 名前:ぺえ
    総フォロワー数:132万人
  • 名前:東菜摘
    tiktokフォロワー数:200万人
  • 名前:ミチ・よしあき姉弟
    総フォロワー数:170万人
 掲載情報がありません。

基本情報

公式Instagramの投稿

#GROVE(グローブ)

#GROVE(グローブ)

おすすめポイント

ポイント1 効果を見据えた課題解決型のマーケティングが可能
ポイント2 プロダクション事業を行っている
ポイント3 映像制作も実施できる

課題解決型のインフルエンサーマーケティングを展開!プロダクション事業も行う!

#GROVE(グローブ)は単純にインフルエンサーのキャスティングや投稿といったことを行うだけでなく、インフルエンサーを定量的に分析し、企業のブランディングに合わせた適切なキャスティングやプランニングを行っています。

課題解決型のマーケティングを行っており、他社と比べて一歩先のサービスを展開しているといえるでしょう。

  • 名前:パパラピーズ
    総フォロワー数:509万人
  • 名前:むくえな
    総フォロワー数:278万人
  • 名前:あめんぼぷらす
    総フォロワー数:302万人
  • 名前:竹下☆ぱらだいす
    総フォロワー数:274万人
  • 名前:たけろう
    総フォロワー数:118万人
  • 三井住友銀行「Olive」

    WebCMに所属クリエイター「羽谷勝太」が出演。

  • めちゃコミック

    WebCMに所属クリエイター「羽谷勝太」「あぃりDX」が出演。

  • 大阪府枚方市

    所属クリエイター「あめんぼぷらす」がPR大使に就任。

  • メイベリン フィットミー リキッド ファンデーション R

    所属クリエイター「むくえな」が、アンバサダーに就任。

  • TGC teen 2023 Winter

    所属クリエイター「タナカガ」が出演。

基本情報

公式Instagramの投稿

インフルエンサーマーケティングについて

インフルエンサーマーケティングとは?

インフルエンサーマーケティングとは?の見出し画像

最近多くの企業が取り入れているインフルエンサーマーケティングですが、じつはその内容を詳しく知らないという方もいるのではないでしょうか。

そんな方のために、ここではインフルエンサーマーケティングを利用するうえで知っておきたい基礎知識などをご紹介します。

インフルエンサーマーケティングの基礎知識

インフルエンサーマーケティングとは、簡単にいうとインフルエンサーの影響力を使って自社の商品やサービスの認知度アップや購買促進を狙うマーケティング方法です。

インフルエンサーマーケティングにおいてのインフルエンサーとは、SNSやブログ上などで影響力を持つ人を指します。

具体的にはSNSで多くのフォロワー数を持っており、その人の発言によって考え方や行動を変えるファンや支持者がいる人物をインフルエンサーといいます。

これまで商品やサービスの宣伝としてメインとなっていたテレビCMや広告などとは違い、インフルエンサーマーケティングでは主にSNSや動画などでインフルエンサーが情報を発信し、そのフォロワーへ拡散させるのが特徴となっています。

インフルエンサーマーケティングで効果が出る理由

そんなインフルエンサーマーケティングは非常に効果の高いマーケティング方法とされていますが、効果が出るのにはおもに2つの理由があります。

ひとつ目はインフルエンサーの実体験を発信することで、深い共感や信頼が寄せられるからです。インフルエンサーマーケティングでは単純に商品やサービスを宣伝するのではなく、実際に利用したり体験したりしたリアルな感想を発信するという特徴があります。

フォロワーは自分が信頼しているインフルエンサーからその人の言葉で商品やサービスの情報を提供されると、そこに深く共感したり深い信頼を寄せたりするため購買意欲の向上に繋がるのです。

そしてもうひとつの理由は、現在のインフルエンサーが広い影響力を持っているからです。最近では芸能人よりも影響力を持つ一般のインフルエンサーも多く、数十万人、数百万人という単位でのフォロワーを持つインフルエンサーも多数います。

そして多くの方がインフルエンサーの言動に影響され、商品購入やサービス利用を検討するのが現状です。そのためより幅広い層へのマーケティングを実現できるのがインフルエンサーマーケティングでもあるのです。

このようなことから、インフルエンサーマーケティングは多くの企業で取り入れられており、成功しやすいマーケティング方法といえるでしょう。

インフルエンサーマーケティングの重要性

年々市場規模を拡大させているインフルエンサーマーケティングですが、今後もますます重要性の高いマーケティング方法として需要は高まっていくと見られています。なぜそこまで重要であるかというと、それには「SNSの普及」と「情報化社会」という2つの理由があります。

現代のユーザーにとってSNSは生活の一部といえるほど当たり前の存在になっており、そのSNSを活動拠点としているインフルエンサーは、マス広告よりもユーザーに接触する機会が多いとされています。そのためインフルエンサーマーケティングでは、伝えたい情報とユーザーを繋ぐチャンスを増やすことができるのです。

そして情報化社会と言われる現代では情報が飽和状態となっていることから、ユーザーが自分に必要な情報とそうでない情報を見極める力が強くなっています。だからこそ企業からの一方的な宣伝では多くの方の心を掴むことが難しくなっているのです。

その点ユーザーから支持されているインフルエンサーが商品やサービスを紹介すれば、有益な情報であるとユーザーに認知され自然と情報をキャッチしてもらいやすくなる可能性が高いのです。

このようなことから今後もマーケティングの手法としてインフルエンサーマーケティングは欠かせないものであり、上手に活用できるかどうかが商品やサービスの認知度向上や購買意欲促進に大きく影響すると見られます。

インフルエンサーマーケティングのメリット・デメリット

インフルエンサーマーケティングのメリット・デメリットの見出し画像

これからインフルエンサーマーケティングを活用して商品やサービスのマーケティングを検討しているのなら、メリットはもちろんデメリットについても知っておきたいところです。ここではメリットとデメリットの両方をご紹介するので、ぜひ参考にしながらどのようにインフルエンサーマーケティングを活用するのかを考えてみてください。

インフルエンサーマーケティングのメリット

インフルエンサーマーケティングのメリットとしてまず挙げられるのが、ターゲット層へ情報を届けやすいということです。インフルエンサーのフォロワーや支持者は、そのインフルエンサーの趣味嗜好や価値観と似た感覚を持っていたり憧れを抱いたりする方が多いです。そのため自社のターゲットに近いと考えられるインフルエンサーを起用することで、ターゲットであるユーザーへ情報を認知させやすいというメリットがあります。

また情報を信頼してもらいやすいというのもインフルエンサーマーケティングのメリットです。企業発信の広告やCMは「宣伝」であることを強く感じやすいため、抵抗があり信頼性が低いと認識してしまうユーザーも少なくありません。

その点インフルエンサーマーケティングでは普段からインフルエンサーが利用しているアカウントで発信すること、また自分が信頼しているインフルエンサーからの発信であることから、より広告感なく情報を受け取れ信頼性が高いと判断してもらうことができるのです。

そして拡散力が高いというのも大きなメリットです。インフルエンサーのおもなプラットフォームであるSNSでは、インフルエンサーのフォロワーだけでなくフォロワーのフォロワーの目に留まったり、多くの方に注目されている投稿であることから不特定多数の方におすすめとして表示されたりすることがあり、投稿が拡散されていきます。

つまりインフルエンサーによる直接的な影響だけでなく、二次的な拡散によってより大きな影響力をもたらす可能性があるのです。

インフルエンサーマーケティングのデメリット

多くのメリットがあるインフルエンサーマーケティングですが、いくつかのデメリットもあります。そのひとつが、炎上する可能性があるということです。

たとえば宣伝による報酬を受け取っているにも関わらず、それを隠して宣伝する「ステルスマーケティング」だと誤解されることは大きな批判や炎上に繋がる可能性があります。またインフルエンサーの炎上に巻き込まれる可能性もあります。万が一宣伝を依頼していたインフルエンサーが自身の問題で炎上したとしても、その影響が商品や企業にまで及ぶこともあります。

そして発信内容のコントロールが難しいというのもデメリットです。インフルエンサーマーケティングではインフルエンサー自身の言葉で発信し、その内容に影響を受けたフォロワーが商品やサービスに注目するというのが基本です。そのため決まったフレーズやビジュアルを利用しての宣伝は難しく、ある程度はインフルエンサーに任せることになるので企業では完全にその内容を制御することはできません。

このようなデメリットもあることをよく理解したうえで、インフルエンサーマーケティングを検討していきましょう。

インフルエンサーマーケティング会社のタイプ種類

種類は3つあり、インフルエンサーマーケティングの経験値の有無で適したものは変わります。各特徴と経験値を照らし合わせながら、適した会社を選びましょう。

ディレクション型

最も主流であり、企画からキャスティング、効果分析までを一括で専門家に依頼するスタイルです。専門家がクライアントに対して抱えている課題をヒアリングしながら、効果的なインフルエンサーマーケティングが行えるようにトータルサポートしてくれます。そのため、自社にインフルエンサーマーケティングのノウハウがない場合やなかなか結果が結びつかないと悩んでいる方に有効です。

プラットフォーム型

インフルエンサーマーケティング会社が提供するプラットフォームを利用し、自社でキャスティングを行うスタイルです。具体的には、インフルエンサーに対するPR投稿の依頼やギャラの交渉などを自社で行っていきます。

自らキャスティングを行っていくことになるため、インフルエンサーマーケティングの知識や経験がある程度必要です。また、費用面として、自らキャスティングする分中間マージンが発生しないという大きなメリットがあります。

ジャンル特化型

あるジャンルに特化したインフルエンサーを選定するスタイルです。インフルエンサーマーケティングを行ううえで、起用したいインフルエンサーや自社の商品・サービスをPRしたいターゲットがすでに決まっている場合におすすめです。コミュニティ自体は小さくなりがちですが、その分高いエンゲージメントが期待できます。

インフルエンサーマーケティング会社を選ぶうえでの注意点

インフルエンサーマーケティング会社を選定する際には、やはり押さえておくべき注意点もあります。今回は、代表的な注意点を2つ紹介します。会社を選ぶ際に、ぜひ参考にしてみてください。

ステマ

インフルエンサーマーケティングを行ううえで最も注意すべき点は、ステマ(ステルスマーケティング)です。会社を選ぶ際は、ステマ対策としてどのようなことを行っているかを確認しておきましょう。

もしステマが発覚した場合、インフルエンサーはもちろんのこと、企業自体もイメージダウンしてしまい、業績が悪化する可能性もあります。インフルエンサーには、企業から依頼を受けてPRしていることが分かるような表記をしてもらうことがステマ対策として必須になります。

各インフルエンサーのフォロワー属性まで把握しているか

インフルエンサーのキャスティングには、フォロワー属性まで把握したうえで判断することが重要です。なぜなら、PRの投稿時にその投稿をまず見るのはインフルエンサーのフォロワーであるためです。

実際には、フォロワーの年齢層・性別・興味がありそうなコンテンツなどをフォロワー属性として把握している会社を選びましょう。自社でPRしたい商品やサービスが、フォロワーの興味をそそる内容でなければ、拡散力は見込めません。

インフルエンサーマーケティングの費用相場

インフルエンサーマーケティングの費用相場の見出し画像

インフルエンサーマーケティングを活用するうえで気になるのが、その費用ではないでしょうか。じつはインフルエンサーマーケティングの費用は、フォロワーの数などによっても大きく変わります。ここではインフルエンサーマーケティングの費用相場をご紹介していくので、ぜひチェックしてみてください。

フォロワー単価

インフルエンサーマーケティングでかかる費用の大部分を占めているのが、インフルエンサーに支払う報酬です。そしてその報酬は一般的にフォロワーや登録者の人数による「フォロワー単価」によって算出されています。

単価の設定はフォロワー数が多いほど上がる傾向にあり、フォロワー数別の単価相場は下記のようになっています。

1,000人~1万人未満(ナノインフルエンサー):1~2円/人
1万人~10万人未満(マイクロインフルエンサー):1~2円/人
10万人~100万人未満(ミドルインフルエンサー):2~3円/人
100万人以上(メガインフルエンサー):2~3円以上/人

つまりフォロワー数10万人のインフルエンサーに依頼した場合で単価が2円だった場合、費用の目安は2円×10万人で20万円という計算になります。また100万人フォロワーを超えるメガインフルエンサーの場合、単価が5円以上となることもあるので1案件で数百万円~数千万円の費用が発生することもあります。

その他にかかる費用

インフルエンサーへの報酬以外にかかる費用もいくつかあります。そのひとつがインフルエンサーのキャスティングやマーケティングのディレクションを専門会社や代理店に委託した場合に、その会社に支払う費用です。相場は依頼内容や会社によって異なりますが、目安はインフルエンサーへの報酬の10~30%程度となっています。

またインフルエンサーマーケティングでは実際にインフルエンサーに商品やサービスを利用してもらう必要があるので、その商品の代金や配送料も依頼主が負担することになります。

さらに起用したインフルエンサーが投稿した内容を自社の公告やPRとして再び利用する「二次利用」にも費用が発生します。

インフルエンサーの投稿を許可なく使用するのは肖像権や著作権の侵害となるため、あらかじめ二次利用をすることが決定している場合はその費用も含めた報酬を支払っておく必要があります。

インフルエンサーマーケティングを成功させるためのコツ

インフルエンサーマーケティングを成功させるためのコツの見出し画像

幅広い効果を期待できるインフルエンサーマーケティングですが、単純に利用するだけでは失敗に終わってしまう可能性があります。ここではインフルエンサーマーケティングを成功させるために抑えておきたいコツをご紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

ターゲットを明確にする

どのようなマーケティング手法にも共通していることですが、マーケティングを成功させるためにはまずターゲットを明確にすることからスタートしましょう。年齢層や性別などはもちろんですが、より明確な人物像である「ペルソナ」を設計することで、的確なマーケティングを行えるようになります

たとえば女性向けのコスメが商材の場合「20代、女性、OL、趣味:映画鑑賞」など、年齢や性別だけでなく仕事や趣味といった細かな設定を行うのがペルソナ設計です。インフルエンサーマーケティングで最初に訴求するのは特定のインフルエンサーを支持している人なので、ペルソナ設計をしておくとより最適なインフルエンサーの選定がしやすくなります。

最適なインフルエンサーを選定する

インフルエンサーマーケティングを成功させるうえでもっとも重要なのが、インフルエンサーの選定です。これまでインフルエンサーマーケティングといえばフォロワー数が多いほど効果があると考えられていましたが、最近ではそれが通用しなくなってきているのです。

たとえフォロワー数が多くても商材との親和性が低くユーザーに興味を持ってもらえなかったり、そもそもフォロワー買いを行い、数をかさ増ししているなどフォロワーの質が低いインフルエンサーもいたりすることから、数だけを見ても効果に直結するとは限りません。

このようなことを防ぐためには、まず前項でご紹介したようにターゲットやペルソナの設定を明確に行うことが大切です。さらにインフルエンサー自身の活動やフォロワーの質や情報、インフルエンサーの活動内容などを見て商材との親和性の高さや信頼できるかどうかを判断しましょう。

優良なインフルエンサーマーケティング会社に依頼する

インフルエンサーマーケティングでは直接インフルエンサーに依頼することも可能ですが、管理体制が整っている優秀なインフルエンサーマーケティング会社に依頼するのがよりおすすめです。インフルエンサーマーケティングではインフルエンサーとの連携をしっかりと行い、認識の相違が起きないようにしておくことが大切です。

そこでインフルエンサーと日頃から連携しており、これまでに多くのキャスティングを行ってきたインフルエンサーマーケティング会社なら工数の負担を減らしてリスクヘッジすることができるのです。また最適なインフルエンサーの選定や薬機法審査、ステルスマーケティングと誤解されないための投稿のチェックなどもインフルエンサーマーケティング会社が行ってくれます。

                       

「インフルエンサーマーケティング会社を選ぶ際に重視する点は何ですか?」WEBアンケートで調査!

ここまでインフルエンサーマーケティングについて解説させていただきましたが、実際に利用するインフルエンサーマーケティング会社を選ぶとしたら、どのようなポイントを重視したいと考える方が多いのでしょうか?今回はWEBアンケートで調査を行いました。

インフルエンサーマーケティング会社を選ぶ際、どのような点を重視しますか?(複数回答可のアンケート画像

第1位は「費用やコストパフォーマンス」でした。インフルエンサーマーケティングには当然費用がかかります。少しでも安く抑えたい、費用に見合うだけの効果をしっかり得たいなどコストパフォーマンスを重視したい方も多いでしょう。

予算や希望に沿ったインフルエンサーを紹介してくれたり、サービスの質を維持しつつ相場より安い価格で利用できる会社もあるので、そのようなお得なインフルエンサーマーケティング会社を探してみてください。

第2位は「サービス・サポート内容」でした。サービス・サポート内容を重視したい方は、業界のプロフェッショナルが在籍している会社や、企画から販売までワンストップでサポートしてくれる会社を選びましょう。

このような会社は豊富な知識や経験を有しているだけでなく、商品の企画から生産、販売などもトータルでしっかりサポートしてくれます。

第3位は「実績・導入事例」でした。実績・導入事例を重視したい方は、インフルエンサーブランドに関する立ち上げ実績が豊富な会社を選ぶのがおすすめです。ブランドのゼロからの立ち上げはもちろん、既存ブランドの問題点・課題の洗い出しなどよりレベルの高いインフルエンサーマーケティングを実現してくれます。

アンケートの結果は以上となります。次の見出しではインフルエンサーマーケティング会社の選び方について、さらに詳しく解説させていただきます。

インフルエンサーマーケティング会社の選び方

インフルエンサーマーケティング会社の選び方の見出し画像

インフルエンサーマーケティングが大きな市場となっている昨今では、インフルエンサーマーケティング会社の数も急激に増えています。そのためどのマーケティング会社に依頼するべきかで悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

そんな方のために、ここではインフルエンサーマーケティング会社を選ぶ際にチェックしたいポイントをご紹介します。

所属するインフルエンサーの特徴

まずチェックしたいのが、所属しているインフルエンサーの特徴です。インフルエンサーとひとことでいっても、どのカテゴリやジャンルで人気がある人物であるかはさまざまです。たとえばコスメ関連の投稿をメインにしているインフルエンサーもいれば、グルメに強いインフルエンサーもいます。

カテゴリに合わせたインフルエンサー選びをすることで、より多くの方に商材を訴求できる可能性が高いのです。自分たちの商材にマッチしたカテゴリやジャンルと親和性の高いインフルエンサーに依頼するためにも、まずは所属しているインフルエンサーの普段の投稿などをチェックしてみましょう。

また会社によっては所属しているインフルエンサー以外にも、提携しているインフルエンサーや独自のネットワークなどにより、さらに適したインフルエンサーとマッチさせてくれる場合もあります。そのため気になるインフルエンサーマーケティング会社があれば、まずはお問い合わせしてみるのがおすすめです。

費用やコストパフォーマンス

大きな効果が期待できるインフルエンサーマーケティングですが、その分依頼にかかる費用が高いという印象を持っている方も多いのではないでしょうか。たしかに最近ではインフルエンサーマーケティング市場が拡大していることに伴い、インフルエンサーへの依頼費用は高額になりつつあります。

ただし限られた予算のなかでインフルエンサーマーケティングを行いたい企業は、できるだけ費用を抑えてコストパフォーマンスに優れたインフルエンサーを起用したいと考えるでしょう。インフルエンサーマーケティング会社のなかには、そのような要望に応えられるようフォロワー単価を低めの価格に設定している会社もあります。

ただし安さだけを見てしまうと、最適なインフルエンサーを選定してもらえなかったり、サービスが不十分でうまくマーケティングができなかったりというトラブルも考えられます。安さのほかに対応している範囲やサービスなども見て、よりコストパフォーマンスに優れた提案をしてくれるインフルエンサーマーケティング会社を選びましょう。

サービス・サポート内容

インフルエンサーマーケティング会社によって、そのサービスやサポート内容も大きく変わります。インフルエンサーのディレクションをメインで行っている会社もあれば、PRに関するトータル的なサポートをしている会社もあります。

インフルエンサーマーケティングを初めて行う場合など、インフルエンサーマーケティングについてわからないことや不安があるのならトータルでサポートをしてくれる会社に依頼するのがおすすめです。たとえばインフルエンサーとのやり取りはもちろん、イメージ提案から商材の撮影、販売代行といった手間のかかる業務をすべて依頼できれば安心です。

これまでのマーケティング手法とインフルエンサーマーケティングでは勝手が違う部分も多く、マーケティングについて学んでいる方でもうまく活用できないというケースも少なくありません。だからこそ確実に効果を出すためには、ぜひ手厚いサービスやサポートのあるインフルエンサーマーケティング会社を選びましょう。

インフルエンサーマーケティングを活用しよう!

インフルエンサーマーケティングは、より的確なターゲットに向けて商材を訴求することに長けており、上手に活用することで想像以上の効果が得られる可能性もあります。これまでのような一方通行の宣伝では、商材の認知度アップや購買促進をするのが難しくなっているからこそ、別の角度からのPRができるインフルエンサーマーケティングはこれからの時代に欠かせません。

最近ではインフルエンサーマーケティング会社の数も増え、多くのインフルエンサーが存在していますが、まずは自社の商材に合うインフルエンサーが所属する会社を見つけて相談してみましょう。そしてインフルエンサーマーケティングを上手に活用し、売上アップや認知度アップを目指してください。

【PR】SNSにおける販売戦略はコスパとクオリティを両立したインフルエンサーマーケティングを活用しよう!

インフルエンサーマーケティングの課題

インフルエンサーマーケティングでは、効果分析の方法が分からずどの程度の効果が得られたのか不明瞭である、効果が安定しない、コストがかかりすぎてしまうなどの問題が挙げられます。さらに投稿内容のディレクションやインフルエンサーとのやり取りが煩雑になりがちであることから、直接インフルエンサーとやり取りするのは難易度が高いと感じている担当者も多いようです。

高コスパ&充実のサービスを提供している creign(クレイン)の魅力とは?